低温気流乾燥機 センゴクフラッシュドライヤ
型式 装置据付面積(mm) 装置高さ(mm) 水分蒸発力(kg/h) 使用蒸気圧(kg/cm2) 処理能力(kg/h)
1号型 2000x3500 3000 125〜150 0.5〜1.0 〜800
3号型 3000x4000 4400 250〜300 0.5〜1.0 800〜1000
3号2連型 4000x6000 4400 500〜600 0.5〜1.0 1600〜2000
4号2連型 5500x7500 5000 625〜750 0.5〜1.0 2000〜2500
5号2連型 9000x9000 5500 750〜900 0.5〜1.0 2500〜3000


 乾燥の流れ(澱粉の場合)
例)澱粉
Be’18〜20澱粉乳液
脱水機
原料水分36〜37%
センゴク式フラッシュドライヤ
製品(18%乾燥澱粉)


 乾燥工程
定量供給機より粗砕された原料はコンベアにより、ブロワーミルに投入されます。 ここでさらに一層細分化され、急激に原料の表面積を拡大し、乾燥され易い状態にて蒸気ジャケットを有する第1段送風機に送り込まれます。 翼車により更に微粉化され、ドライビングダクトにより乾燥工程を始めながら 第1段ダブルヒータサイクロンに送りこまれます。サイクロンにより分離乾燥された粉末は第2段送風機に送り込まれ、 第2段ドライビングダクトえを通り、前回と同じ工程を繰り返し、第2段ヒーターサイクロンの下部より排出されるときは、規定水分 以下の微粉と化し、輸送送風機にて輸送されながら冷却を行い、所定の位置に設置されている製品サイクロンに入り下部より製品が排出されます。 ダブルサイクロン及び第2段ヒーターサイクロンにて捕集されない微粉は2次捕集サイクロンにより完全に捕集されます。 蒸発水分は、各2次捕集サイクロンの上部により、排気ダクトによって屋外に排出されます。 製品サイクロンの上部から排出される排気はリターンダクトによって、ブロワーミルの吸引側に吸引されて、熱量の損失は全くありません。